ヘルスケアでハッピーLIFE

医療スタッフは体が命!大事な健康の基本を記しています。

睡眠と食生活を見直そう

いつまでも快適な状態で過ごしたいなら、日頃から健康管理を行うことが大切です。

とりわけ看護師として働いている方は、十分に気をつける必要があります。心身ともに良好な状態ならば、余裕のある態度で患者さんと接することができるからです。

体調を整えるなら、まずは良質な睡眠時間を確保することに配慮しましょう。スマホをいじったり等の夜更かしを避け、早めに就寝することがポイントです。

特に飲み会などのイベント事が続く時は、睡眠時間不足に陥りがちです。体を大事にしたいなら、飲み会に参加する回数を考慮した方がいいでしょう。
夜勤に従事する看護師は、とりわけ睡眠時間が短くならないよう注意すべきです。夜勤の前後はたっぷり睡眠時間を確保して、心身の健康をキープしましょう。

さらに、健康的な体を作りたいなら、食生活をチェックすることも大切です。
特にフライなど油分が多い食べ物は消化不良の原因となります。飲み会などで食べる時は分量を抑えるようにしましょう。大根おろしやキャベツの千切りと一緒に食べれば消化しやすくなるため、フライ物を食べる時は気をつけるといいでしょう。

ただ、なんでもかんでも禁止してしまうと、逆にストレスになってしまうので、無理のない節制を心がけることが重要です。

もし疲れを感じた時には、少量の甘い物を食べるのをおすすめします。中でも、カカオ濃度が高いチョコレートにはポリフェノールが含まれていますので、疲労回復に有効です。フルーツゼリーや葛切りなど、低カロリーの甘い物ならば、太る心配もありません。